レーザー加工機

レーザークリーナー

ホーム > 販売 > レーザー加工機 > レーザークリーナー

素材を傷つけないクリーニング

トップイメージ
レーザークリーナー機

レーザクリーニングとは?

汚れを燃やしたり削り取ったりしないで剥離することです。

レーザークリーニングは高ピークの短パルスのレーザ光による非接触加工です。10nsという極短パルスで熱影響を最小限に抑えています。汚れを除去するには高いピーク値が必要です。10MWという高ピークを10nsで得るには100mJという高エネルギが必要です。短パルスで高エネルギを得る為に特殊な光学系を採用しています。
溶接用レーザはレーザ光を1ms以上射するので熱ダメージが入りますが、レーザークリーニングは母体にダメージを与えません。また、周辺への熱影響が極めて少ない加工です。

摘要例

錆び取り 焼け取り 各種機構部品 エポキシ系樹脂の剥離 各種検査、測定プローブ 金型のクリーニング 各種機構部品 各種機構部品

ページトップへ